GlyphWiki logo
ナビゲーション
ヘルプ
検索
ツールボックス
他の言語
解説ノート編集履歴

GlyphWiki:グリフウィキについて

出典: フリーグリフデータベース『グリフウィキ(GlyphWiki)』
版間での差分(日時はJST)
グリフウィキは漢字字形情報を管理するウィキシステムです。

[[User:kamichi]]個人が研究の一環として運用していますが、可能な限り長く運営していけることを望んでおります。また、散らばっている外字情報を集約する手段の一つになることを目指しています。

特にインターフェイス面で、そのほとんどをウィキペディアの踏襲としていますが、ウィキペディアとはまったく別物です。ライセンスも異なりますので注意してください。

システムプログラムはPerlでスクラッチから書いています。Wiki文書フォーマットの整形部分については[[結城浩氏のYukiWiki(wiki.cgi) http://www.hyuki.com/yukiwiki/]]を参考にしているほか、文書の差分表示についてはYuki::DiffTextを利用しています。URLエンコード・デコードルーチンについては[[OHZAKI_Hiroki氏のPerlメモ(http://www.din.or.jp/~ohzaki/perl.htm) http://www.din.or.jp/~ohzaki/perl.htm]]を参考にしています。グリフエディタの色使いについては[[Tango_Icon_Theme_Guidelines http://tango.freedesktop.org/Tango_Icon_Theme_Guidelines]]を参考にしています。箇条書き、ログイン、外部リンクの画像については[[メディアウィキ http://www.mediawiki.org/wiki/MediaWiki/ja]]を利用しています。RSSアイコンは[[FEED_ICONS http://feedicons.com/]]を利用しています。

内部データとして関連字部分には[[情報処理学会_試行標準_IPSJ_TS-0008 http://www.itscj.ipsj.or.jp/ipsj-ts/ts0008/toc.htm]]を利用しています。グリフエディタでの部品検索用データとして[[漢字データベース計画 http://kanji-database.sourceforge.net/]]の「字形IDSデータ」を利用しています。

フォントの生成には[[FontForge http://fontforge.sourceforge.net/]]を利用しています。IVSテーブルの付与には[[TTX/FontTools http://fonttools.sourceforge.net/]]を利用しています。

[[en:GlyphWiki:About]]

2010年2月12日(金) 09:59時点における@10版

グリフウィキは漢字字形情報を管理するウィキシステムです。

利用者:kamichi個人が研究の一環として運用していますが、可能な限り長く運営していけることを望んでおります。また、散らばっている外字情報を集約する手段の一つになることを目指しています。

特にインターフェイス面で、そのほとんどをウィキペディアの踏襲としていますが、ウィキペディアとはまったく別物です。ライセンスも異なりますので注意してください。

システムプログラムはPerlでスクラッチから書いています。Wiki文書フォーマットの整形部分については結城浩氏のYukiWiki(wiki.cgi) を参考にしているほか、文書の差分表示についてはYuki::DiffTextを利用しています。URLエンコード・デコードルーチンについてはOHZAKI_Hiroki氏のPerlメモ(http://www.din.or.jp/~ohzaki/perl.htm) を参考にしています。グリフエディタの色使いについてはTango_Icon_Theme_Guidelines を参考にしています。箇条書き、ログイン、外部リンクの画像についてはメディアウィキ を利用しています。RSSアイコンはFEED_ICONS を利用しています。

内部データとして関連字部分には情報処理学会_試行標準_IPSJ_TS-0008 を利用しています。グリフエディタでの部品検索用データとして漢字データベース計画 の「字形IDSデータ」を利用しています。

フォントの生成にはFontForge を利用しています。IVSテーブルの付与にはTTX/FontTools を利用しています。