GlyphWiki logo
ナビゲーション
ヘルプ
検索
ツールボックス
他の言語
解説ノート編集履歴

GlyphWiki:関連付けるべき符号位置

出典: フリーグリフデータベース『グリフウィキ(GlyphWiki)』

グリフページに表示される異体字データを追加することができます。これまでの追加希望データはGlyphWiki:関連付けるべきグリフに残っていますが、こちらのページに移してくださるようご協力をお願いします。

データ記述の書式

 -[[グリフ名]][[グリフ名]]....,(関係キーワード)
 --以下備考があれば
 --備考その2
 -(次の項目)

関係キーワードは4文字程度に短くまとめてください。他に同内容のものがあれば合わせてください。関係の詳細は説明ページ(GlyphWiki:異体字)を用意しています。キーワードを新設した場合はなるべくGlyphWiki:異体字にその説明を書いてください。

現状ではグリフではなくUCS符号位置同士の関係づけのため、UCSグリフ以外を記述しても反映されません。

追加したデータは1日1回の頻度で更新します。

データ

UCS同字形(GlyphWikiでのエイリアス関係)

康煕字典

集韻

支那文を読む為の漢字典

  • u3e14u770b,支那漢
    • 午集三百五十九頁u770b字条に「俗に「u3e14」に作る」、同集三百六十三頁附録u3e14字条に「u770bの俗字」と有り。
  • u22e42u651c,支那漢
    • 卯集二百八頁u651c字条に「右は屮に从ひ隹に从ひ冏に从ふ。俗に山に从ひcdp-8ddfに从ふは誤」と有り。
  • u8d8du9072,支那漢
    • 酉集五百三十九頁附録趍字条に「u9072(字形はu9045-itaiji-001)の本字」と有り。

コメント:キーワードが長すぎるような気がします。一度更新されたものを見て判断したいと思います。--kamichi 2010年9月2日(木) 13:05

  • やはり書名そのものは長すぎますね。逆に短くすると無意味な神経を使いそうです。いっそのこと「漢字典」とし、原書名は「異体字」のページで説明する、というのはいかがでしょうか。--kamichi 2010年9月3日(金) 12:42

隸變部件

  • u2008au4eba,隸變部件
    • components containing such form by etymology from "人" (負、色、危(G/T/H))
  • u20089u4eba,隸變部件
    • components containing such form by etymology from "人" (傷)
  • u20089u5165,隸變部件
    • components containing such form by etymology from "入" (族、乾)
  • u20089u5c6e,隸變部件
    • components containing such form by etymology from "屮" (侮)

その他(未整理)

  • u7c72u25e24,その他
    • Unicode disunification due to position of components
    • u+7c72 kKangXi (unicode < 3.1) - 0906.300
    • u+7c72 kIRGKangXi (unicode > 3.1) - 0906.301
    • u+25e24 kIRGKangXi (unicode > 3.1) - 0906.300

  • u23350u20289,その他
    • wiktionaryは汉语大字典:第1卷,169页,第3字をソースにしている

  • u7f85u4ebd,その他
    • 〈韩〉“羅”的省体字。注音用字。

  • u8e59u238b0,その他
    • 清代 段玉裁《說文解字注》

  • u3840u655d,その他
    • 段注本《說文㡀部》

  • u225e3u6089,その他
    • 《敦煌俗字譜.心部.悉字》引〈中73.642.下10〉

  • u5167u5185,その他
    • 常用漢字表に掲出していない旧/新字体

  • u22165u3861,その他
    • Unihan kDefinition に異体字として掲出

  • u8ec6u2c9e0,その他
    • 『明清小説俗字俗語研究』俗字百例(94)

  • u58e5u3553,その他
  • u6926u6a73,その他
    • この2組の漢字の左側はJIS X 0208における幽霊漢字であり,右側が本来収録しようとし(て収録されなかっ)た字である。JIS X 0208:1997 附属書7参照。

  • u2b918u5150,その他
    • 字形およびIPA MJ文字情報における音読み・訓読みの一致からの推定。要高次出典。

王力(1948)『漢越語研究』

シンガポール簡体字

※「星」はシンガポールの意

Ext.Dに関するもの

Ext.Fに関するもの

GlyphWiki:関連付けるべき符号位置-ExtFへ移動しました。

中華字海

台湾・教育部異體字字典

拡張新字体

IVD重複

参考:Complete Charts for PRI 183: Supplementary registration of the AdobeJapan1 collection and of sequences in that collection

韓国の人名用漢字の異体字

平成2年10月20日民二第5200号民事局長通達

「氏又は名の記載に用いる文字の取り扱いに関する通達等の整理について」 (平成2年10月20日民二第5200号民事局長通達)

鄭賢章(2004)『龍龕手鏡研究』

邓福禄、韩小荆(2007)『字典考正』

繁簡関係

二簡字

第一表

偏旁

張涌泉(2000)『漢語俗字

叢考』

张涌泉(2005)『汉语俗字新考』

GlyphWiki:関連付けるべき符号位置-漢語俗字叢考へ移動しました。

楊宝忠(2005)『疑難字考釋與研究』

楊宝忠(2011)『疑難字續考』

GlyphWiki:関連付けるべき符号位置-疑難字考釋與研究へ移動しました。

韓小荆(2009)『《可洪音義》研究――以文字爲中心』

GlyphWiki:関連付けるべき符号位置-可洪音義研究へ移動しました。

UCS互換漢字

GlyphWiki:関連付けるべき符号位置-UCS互換へ移動しました。

戸籍異体

GlyphWiki:関連付けるべき符号位置-戸籍異体へ移動しました。