GlyphWiki logo
ナビゲーション
ヘルプ
検索
ツールボックス
他の言語
グリフノート編集履歴

ノート:u6b72

出典: フリーグリフデータベース『グリフウィキ(GlyphWiki)』

歲を含む統合漢字に関する調査結果

仮想J字形としてはu6b72を使ってもaj1-13785を使っても問題ないと思います。

現状ではGlyphWikiの字形としてはu6b72型が優勢ですが、 戸籍統一文字ではaj1-13785が優勢なので、 そちらに統一する手もあると思います。

なお歳か歲かでも確認しましたが、部分形としては歳は出現しないようです。

u239a6u239a7はG字形は繞型、T字形は偏型ですが、 G字形はGKX(康熙字典)字形なので変更した方が良いかも知れません。

Jソースの字形

戊の中の横棒と縦画が接続するかしないか

接続u5666u596fu6fcau7369u7a62u7ffdu986au9c65
分離u528cu8589

特に気にする必要はないと思います。 現在のGlyphWikiでのデザインはすべて接続になっています。

戊の中の縦画の下側がはねるかはねないか

はねu528cu6fcau8589u986a
接続u5666u596fu7369u7a62u7ffdu9c65

特に統一されていません。u6fcaは字形を変更した方が良いかも知れません。

Adobe-Japan1 の字形と必ずしも一致しません。

はねu7ffd-ue0100
接続u528c-ue0100u6fca-ue0100

Kソース字形

Kソースでは横棒と縦画は接続するのが標準的です。

縦画の下側がはねるかは特に統一されていません。

はねu4829u528cu6fcau8589
とめu5666u7ffdu986au9956
接続u596fu6a85u6b72u7369u7a62

u6a85-kの部分字形はu6b72ではなく少のように点が増えます。

GTソース字形

Gソース、Tソース共に横棒と縦画は接続し、縦画の下側は止めるのが標準のようです。

変化したu2f8f3を含む場合に限りGソースではねる字形が見られます。

はねu21693u239ac(Gソース)
とめu26fe7(Tソース)

Jソースのある文字一覧

J字形KS字形備考
はねu528cはねkoseki-025920
はねu6fcaはねkoseki-208010KSは横棒と分離
はねu8589はねkoseki-363060koseki-363950
はねu986aはねkoseki-494930
接続u5666接続koseki-050120
接続u596f接続koseki-068960
接続u7369はねkoseki-232640KSと型が違う
接続u7a62接続koseki-283600
接続u7ffd接続koseki-321950
接続u9c65接続koseki-526920

koseki-232640koseki-208010は要検討。

Jソースのない文字一覧

GlyphWikiKS字形備考
はねu224b1はねkoseki-113440
はねu23920はねkoseki-184060
はねu239a7はねkoseki-185620G繞T偏KS繞
接続u9956接続koseki-503820koseki-503600
接続u240be接続koseki-210270
接続u275a2接続koseki-386160
接続u2a4a9接続koseki-545240黒:Gはねる、Tはねない
接続u4bb9はねkoseki-510250
接続u6b72はねkoseki-185290
接続u239a6はねkoseki-185610G繞T偏KS偏
接続u239abはねkoseki-185670
接続u239adはねkoseki-097320
接続u240f4はねkoseki-210920KS四画艹
接続u26175はねkoseki-312280
接続u27b28はねkoseki-408690
接続u287a3はねkoseki-450570KSは中が少
接続u221ab
接続u239ae
以下要検討
接続u942cとめkoseki-464630KSは横棒と分離
接続u4829はねkoseki-429340
接続u6a85はねkoseki-177400
接続u2257aはねkoseki-115840
接続u23a6aはねkoseki-188060
接続u24ec0はねkoseki-252690
接続u26856はねkoseki-162150
接続u2757cはねkoseki-385760
接続u275a0はねkoseki-537810
接続u27d16はねkoseki-415580
接続u27e17はねkoseki-419030

戸籍統一文字に関しては、はねの有無は区別したい。