GlyphWiki logo
ナビゲーション
ヘルプ
検索
ツールボックス
他の言語
利用者ページノートソースを表示履歴

利用者:jeroen

出典: フリーグリフデータベース『グリフウィキ(GlyphWiki)』

私「jeroen」はイェルン・フック(Jeroen Hoek)と申します。 オランダのライデン大学の大学院生です。

グリフウィキ画フォントツール(開発中)

グリフウィキ画フォントツールとは、Python(パイソン)で書いて、 GTK+とCairoを使っているソフトウェアである。グリフウィキで定義 されたグリフをベクター画像として描けるものです。 このプロジェクトの目的とは、いわゆる「Drawfont(画フォント)」を 使って、日中韓越圏の漢字とその漢字のそれぞれの部品を表示できる GTK+ウィジェットの開発である。

画像:

http://gwdrawfonttool.sourceforge.net/images/1.png

http://gwdrawfonttool.sourceforge.net/images/2.png

http://gwdrawfonttool.sourceforge.net/images/3.png

http://gwdrawfonttool.sourceforge.net/images/4.png

ダウンロード:

https://sourceforge.net/projects/gwdrawfonttool/

(現在のところには、Linuxで簡単に使えると思いますが、WindowsやMacはまだちゃんと試しませんでした。)

試してみたら、是非コメントをメールしてください:

mail@jeroenhoek.nl