GlyphWiki logo
ナビゲーション
ヘルプ
検索
ツールボックス
他の言語
グループノート編集履歴

グループ:prefix-proposal

出典: フリーグリフデータベース『グリフウィキ(GlyphWiki)』

expr

expr
proposal-nNNNN-NNN
expr
proposal-nNNNN-xxxHH
expr
proposal-nNNNN-xxHHH
expr
proposal-nNNNN-xHHHH
expr
proposal-l2-NN-NNN-NNN
expr
proposal-l2-NN-NNN-xxxHH
expr
proposal-l2-NN-NNN-xxHHH
expr
proposal-l2-NN-NNN-xHHHH

desc
ISO/IEC 10646又はUnicodeに提案されている文字(http://www.unicode.org/wg2/docs/ 及びhttps://www.unicode.org/L2/ を参照)

命名規則

proposal-n####-&&&の場合、n####は文書の番号、&&&は文書内においての番号(詳しくは後述)を表します。

proposal-l2##-###-&&&の場合も同様に、l2##-###が文書の番号、&&&が文書内においての番号を表します。

文書内の番号とは、次の2種類が存在し、文書の中での付番を表します。

文書内で符号位置が一切示されていない場合

文書内に登場する順に十進法で001、002、……999と命名します。

文書内で符号位置が部分的に指定されている場合(XXX00等)

部分的に指定されている符号位置とします。指定されていない部分はxで埋めます。

なお、uやunstable-u命名が使用可能な状態になった場合は、それらの命名に移行し、proposal命名のページは白紙化されます。